シュタルンベルグ湖

シシィの生まれ故郷であるミュンヘンからそう遠くないシュタルンベルグ湖(Starnberger See スターンバーガーゼー)の西岸に、ポッセンホーフェン城があります。この城はペッキング区に属しています。1834年から公爵家の夏の離宮でした(現在は個人所有)。シシィは、両親や兄弟と一緒に、ここでのびのびとした子供時代を過ごしました。かつての庭園の大部分は、現在「パラダイス」と呼ばれる公共のレクリエーション場と海水浴場になっています。皇后になってからも、彼女は大好きな「ポッシ」(ポッセンホーフェン宮殿は家族の間でそう呼ばれていました)を24回も訪れ、その後、フェルダフィングにある現在のゴルフホテル・カイゼリン・エリザベートに滞在しました。当時のテラスや厩舎などがそのまま残されています。

ここでの主な見所は、1865年ルートヴィヒ2世の時代に建設された、ポッセンホーフェン駅の歴史的な待合室に常設展示されているエリザベート皇后博物館です。この美術館は、個人のコレクションをベースに1998年に設立されました。2009/2010年に行われた改修工事により、展示室は新たな輝きを放っています。本物を入手して常に変化しているエリザベート皇后コレクションに加え、おとぎ話の王様ルートヴィヒ2世の展示コーナーもあります。彼が原因不明の死を遂げたシュタルンベルク湖は、ポッセンホーフェン城の対岸に位置しています。Bahnhofs Possenhofen

シシィの足跡をたどってポッセンホーフェン駅から「エリザベスウェグ」をポッセンホーフェン城まで10分、さらにロマンチックなローズ島へは約45分で到着します。エリザベスと彼女のソウルメイトである従兄弟のルートヴィヒ2世は、その貴重な時間をここで過ごしました。マクシミリアン2世が建てたカジノ(写真上)のあるローズ島は、保護指定の庭園と建造物がある景勝地となっています。その何千ものバラで、それは、すべてのガーデンデザインファンのためのシークレットプレイスと言えます。 19世紀の最も重要なドイツの庭園建築家であるペーター・ヨセフレネは、ウィーン近郊のラクセンブルクでも活躍し、ロザリウムと公園を備えた庭園景観の理想を実現しました。小さなフェリーで少し渡った後、ガイド付きツアーも楽しめます。Gartenlandschaft

ルートヴィヒ2世を彷彿とさせる小旅行に忘れてはならない場所に、ノイシュヴァンシュタイン城とヴァンガウのホーエンシュヴァンガウ城、そしてリンダーホーフ城があります。これらは世界的に有名で、訪問客が途絶えることはありません。

現在ニュース項目はありません。